名古屋ぶらぶら街歩き<栄・明治村>

 前回は名古屋グルメをまとめたので、今回は食以外について書きます。

栄周辺

久屋大通公園

栄駅の南北に2kmほど広がる、帯状の公園です。

f:id:riboribo:20170711093224j:plain

f:id:riboribo:20170711093254j:plain

こんな感じで各ブロックに謎オブジェや像が点在しています。それだけといえばそれだけなので、テレビ塔などの観光スポットや、公演で行われているイベントを目当てに、ふらっと立ち寄る程度でいいと思います。

f:id:riboribo:20170711093237j:plain

7月23日まではオクトーバーフェストが行われるみたい。朝に訪れたので、まだ開店前の写真です。この日は最高気温が34℃で日中は干からびそうになっていました。パラソルの下で美味しい冷えたビールを飲んで回復したいですね!

↓こちらのサイトによると、年中いろいろな催しがあるみたいです。

www.hisayaodoripark.com

テレビ塔

久屋大通公園の中ほどに位置し、栄の一大観光スポットとなっています。高さ90mのスカイデッキからは名古屋市内を一望できます。名古屋城も見えますよ!

f:id:riboribo:20170711093413j:plain

久屋大通公園を見下ろしています。名古屋はビルも多いけど、緑も多い印象です。

f:id:riboribo:20170711093346j:plain

スカイデッキから階段で、地上100mのスカイバルコニーに上がれます。お花がたくさん飾られていて緑豊かです。恋人の聖地らしいです。

オアシス21

f:id:riboribo:20170711093427j:plain

栄駅周辺を歩いていると、謎の卵型大型建築物に遭遇しました。これこそが栄の商業施設かつ公共施設であるオアシス21のシンボルです。

f:id:riboribo:20170711093440j:plain

この卵の上には無料で上れました。このフロアの正式名称は「水の宇宙船」だそうです。その名の通り、広ーいガラスに薄く水が張られ、幻想的な景観となっています。ぐるっと回って名古屋の景観を楽しめました。デートにもよさそう。

f:id:riboribo:20170711093452j:plain

ガラスに水が張られているので、下のフロアが透けて見えます。魚型の椅子が並べられていて、まるで海底をのぞき込んでいるみたい。よくできています。

下階にはカフェ、洋服屋さんなどが並んでいて、ショッピングできます。

名古屋トラベラーズホステル

f:id:riboribo:20170711093209j:plain

なお、栄駅近くのこちらのホステルを今回の旅の拠点にしていました。お財布にやさしく、交通アクセスよし、スタッフさん親切、お部屋綺麗で、申し分のない宿です。おすすめです。

www.booking.com

明治村

そのあと、少し足を延ばして犬山市明治村へと行ってきました。明治時代の日本を模したテーマパークで、先月の日経新聞にて歴史テーマパークランキング第一位を獲得しています。名古屋駅から電車で30分ほど、そこからバスで20分ほどです。

style.nikkei.com

f:id:riboribo:20170711093554j:plain

明治時代の、風情のある建物が並んでいます。右手の建物ではドレスや学生服に着替えて記念撮影をしたり、村内を散策することができます。そういえば袴姿の大学生グループを見かけました。

f:id:riboribo:20170711093617j:plain

f:id:riboribo:20170711093133j:plain

市電やSL機関車も村内を走っています。SL機関車の駅では、汽車が方向転換する様子を間近で見ることができます。シュッシュッと煙を出し、タイヤが一斉に回りだし…知識として知ってはいても、実際に見てみると迫力があり、童心に返ってワクワクしました。

また、7月23日までは「明治探偵GAME」という謎解きイベントが開催されています。今回は2時間ほどしか村内にいられなかったため、難易度の低いコース壱に挑戦しました。結果、謎を解く過程で村内をぐるりと回れましたし、1時間半ほどでクリアできたため、すっきりと帰路につくことができました。

2時間の滞在でしたが、風景も自然も謎解きも、たっぷりと楽しませてもらいました。文句なしにオススメの観光地です。名古屋を訪れる際はぜひ。

www.meijimura.com

 

 

 ↓関連記事↓

riboribo.hatenablog.com

名古屋名物いただきます!定番から珍メニューまで

 先週末に名古屋に行って、美味しいものをたくさん食べてきました。その記録です。

名古屋駅周辺

名古屋駅太閤通側に広がる地下街「エスカ」には、名古屋名物のおいしいお店がたくさん並んでいて便利です。

みそかつ

f:id:riboribo:20170711093540j:plain

名古屋といえばみそかつ、みそかつといえば矢場とん!出来立てのジューシーなカツに、店員さん自ら秘伝のみそをかけてくれます。みそとカツがとても合っていて、量は多いはずなのに、ペロッと食べてしまいました。

https://tabelog.com/aichi/A2301/A230101/23004727/

ひつまぶし

f:id:riboribo:20170711093549j:plain

名古屋といえばひつまぶし!私が見ただけでも、エスカにはひつまぶしのお店が3店ありました。学生のお財布に一番優しかった「お食事処ゆうふく」のミニひつまぶしをいただきました。ひつまぶしとは、ウナギの蒲焼を焼いたものだそうで、普段のウナギよりも皮がパリパリで美味しいのです!1/4ずつ写真中央の空っぽのお茶碗によそって、①そのまま ②薬味と一緒に ③お茶漬け ④それらを踏まえてお好みの方法で と3種+αの食べ方を楽しめます。個人的には薬味が一番好きでした。

https://tabelog.com/aichi/A2301/A230101/23033822/

小倉トースト

f:id:riboribo:20170711093544j:plain

名古屋発のコーヒーチェーン、コメダ珈琲店にも行きました。もちろんエスカに限らず、いたるところにお店があります。写真のモーニングセットをいただきました。名古屋名物小倉あんに魅かれて注文したのですが、トーストも期待以上にふわふわで、朝から幸せな気分になりました。+200円でサラダもついてきて、健康的な朝ごはんになるのでお勧めです。

https://tabelog.com/aichi/A2301/A230101/23003909/

ぴよりん

f:id:riboribo:20170711093146j:plain

エスカから上がり、名古屋駅の地上1階に位置する「カフェ ジャンシアーヌ」にも行ってきました。お目当ては「ぴよりん」!写真左上のひよこの看板をご覧ください。なんと、名古屋コーチンの卵を使用したプリンなのです!

ただ、夜に行ったため、残念ながら当日分はすでに売り切れていました…。ぴよりん狙いで行くのなら、なるべく早めの時間に行ったほうがよさそうです。

新幹線や高速バス乗り場が近いため、時間つぶしや待ち合わせにも便利です。

https://tabelog.com/aichi/A2301/A230101/23036307/

オマケ・八事日赤周辺

マウンテン

友人の勧めで、「マウンテン」なるお店にも行ってみました。地下鉄名城線八事日赤から徒歩10分ほどにある、洋風の一見可愛らしいお店です。

f:id:riboribo:20170711093505j:plain

が、入店してメニューを見ると、「いちごスパ」「あざらしまんま」「あつげしょう」などの全く意味の分からない名前がずらり…。このお店、変わったメニューが多いことで有名なのです!

店内のボードに書かれていた、ビタミンCたっぷりのSSスパなるものを頼んでみました。

f:id:riboribo:20170711093552j:plain

運ばれてきました。どんな変な料理が運ばれてくるのかと戦々恐々としていましたが、案外ふつう、というか美味しかったです。スパイシーなトマトベースのスープで煮込んだパスタでした。左上のほうにある緑の野菜は、友人のサボテンピラフに入っていたものと似ているので、たぶんサボテン。アロエみたいな、にゅるんとした食感です。棘はありません。結局SSが何の略だったか確認しそびれましたが、おそらく、サボテンスープスパゲティなのかな。

どのメニューも量が多いので、女の子は友達とシェアして食べるのがいいかもです。

retrip.jp

https://tabelog.com/aichi/A2301/A230108/23000266/

旧古河庭園「春のバラフェスティバル」

五月中旬、バラが見頃ということで、旧古河庭園へ行ってきました!JR山手線駒込駅から徒歩10分ほどにある、まさに都心のオアシスです。

f:id:riboribo:20170519171402j:plain

平日にもかかわらず来場客がたくさん!日当たりがいいので、日傘があればよかった。バラ園は思ったよりコンパクトだったけれど、一つ一つの花の名前やその由来を見ていると、あっという間に時間がたってしまいます。

f:id:riboribo:20170519172340j:plain

こちらは「熱情」という名前の日本生まれのバラ。その名にふさわしい深紅の花弁が綺麗です。大輪1輪咲のハイブリットティーローズはやはり美しく、絵になります。いろいろな形のバラの花がありましたが、写真のように花びらが外側にめくれる品種はだいぶ従来のイメージに近い感じがしました。THE・バラって感じがします。

f:id:riboribo:20170519172747j:plain

こちらは黄色のハイブリットティーローズ、「ゴールデン・メダイヨン」。「金色のロケットペンダント」という意味だそうです。こんな感じで色とりどりのバラが咲いています。

f:id:riboribo:20170519173250j:plain

こちらはドイツ生まれの「シンデレラ」というクライミングローズ。小ぶりで優しいピンク色の花がとても可愛らしいです。先ほどまでの一輪咲のバラよりも、こちらの蔓性のバラのほうが、おとぎ話のような雰囲気をまとっています。

f:id:riboribo:20170519173809j:plain

写真左手に伸びているのは、「カクテル」というやはり蔓性のシュラブローズ。地面と垂直に伸びていくタイプもなかなかおしゃれです。お金持ちの庭って感じがします。

f:id:riboribo:20170519174122j:plain

こちらは「黄木香」という、原種に近いスピーシーズに分類されるバラです。ご婚約で話題の眞子内親王のお印の花でもあります。このバラが石垣をつたい、びっしりと覆っています。

f:id:riboribo:20170519174903j:plain

香りの強いバラもあり、虫さんもさぞお喜びかと思いきや、バラよりは周りの垣根の花に夢中でした。バラはあんまり蜜がないのかな?

f:id:riboribo:20170519175254j:plain

洋館のわきにこっそり咲いていたジャーマンアイリスも今が見頃のようです。「アイリス」はギリシャ語で虹を意味する言葉「イリス」を語源としており、その名にふさわしく様々な色合いのアイリスが咲いていました。

f:id:riboribo:20170519175806j:plain

旧古河庭園にはバラのイメージしかなかったけれど、その奥にある日本庭園も落ち着いていて素敵でした。バラ園では日差しをもろに受けてしまいますが、こちらの木漏れ日は程よく暖かくていい感じです。

バラフェスティバルは今月いっぱい続きますが、夜のライトアップはこの週末まで!東京都近郊にお住まいの方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

旧古河庭園|公園へ行こう!

春の北関東お花めぐり 舘林つつじが丘公園・あしかがフラワーパーク

 ゴールデンウィークに満開のつつじ・藤の花を見てきました。

舘林つつじが丘公園

舘林駅を降り、20分程度歩くと、つつじが丘に繋がる川にたどり着きます。ちょうどこどもの日だったので、たくさんの鯉のぼりがお出迎えしてくれました!1000匹か、それ以上泳いでます。上空の大きめの鯉のぼりは、地元の子供たちがデザインしたようで可愛らしい!

f:id:riboribo:20170518181252j:plain

さらに10分ほど歩くと、つつじが丘の入り口に到達します。満開です。これはこどもの日に撮った写真だけれど、例年はもう数日早くピークが来るらしい。

f:id:riboribo:20170518181449j:plain

つつじのトンネルを潜ったりもできます。それにしても、田舎のつつじは大きいですね。都内育ちだったので、つつじがこんなに大きくなる品種だとは知りませんでした。

f:id:riboribo:20170518181518j:plain

ただでさえ大迫力かつ綺麗なつつじですが、推定樹齢800歳のつつじや、舘林出身の宇宙飛行士である向井千秋さんと一緒に宇宙へ行った種から芽生えたつつじなど、レアなものもありました。

館林市つつじが岡公園ガイド

あしかがフラワーパーク

駅構内のポスターなどで満開の藤の写真を見たことのある人も多いのでは?あしかがフラワーパークCNNが選ぶ「世界の夢の旅行先10カ所」に日本で唯一選ばれたほどの人気観光スポットです。実際、世界各国から観光客が集まっていたようで、園内では聞きなれない言葉も飛び交っていました。

f:id:riboribo:20170518183015j:plain

白藤のトンネル。これが何mも続きます。白藤は他の色の藤より香りが甘く、もちろんトンネル内も甘い香りで満たされています。

f:id:riboribo:20170518183021j:plain

大藤。たった1本の木がこんなに広く枝を張って花を垂らしているの、すごすぎます。藤ってこんなに大きくなるものなの~~!?と常識を覆されます。

f:id:riboribo:20170518183025j:plain

これは八重藤。花びらが八重になっていると、なんだかぶどうみたいですね。夕方になってきたので、徐々にライトアップが始まっています。

f:id:riboribo:20170518183031j:plain

園内にはほかにも黄藤、ルピナスなど、いろいろなお花が咲いていました。色とりどりの花を楽しめるのは、やはり春ならではですね。いい香りのお花がたくさん咲いていたので、ハチさんも大忙しでした。

あしかがフラワーパーク 【 公式サイト 】

【タコライス奮闘記①】

美味しいタコライスが食べたい!

先日、就活の合間にお店で食べたタコライスの味が忘れられず、家でもそれに匹敵するタコライスを作りたいと思い、とりあえず試作してみました。

目標地点(半熟卵くずしちゃった。)

f:id:riboribo:20170401151808j:plain

特徴

・ピリ辛ソース。辛い物が苦手な私でも食べやすい。

トルティーヤ?タコスの皮的なサクサクの触感が楽しい。

・コンパクト、色とりどり、見た目もきれい。

頑張るぞー!!

参考にしたレシピ

山本ゆりさんのカフェごはんのファンなので、同氏のレシピをベースにしました。

ameblo.jp

<作りかた>

フライパンを熱してひき肉と鷹の爪を炒め、色が変わったらAを加えて炒め合わせる。

器にごはん、千切りキャベツを盛り、ひき肉を乗せ、トマトを乗せてチーズを散らす。

 材料は、唐辛子を買い忘れたのと、お店のに近づけたかったので、二人分

  • 合いびき肉    150g
  • ケチャップ   大さじ3
  • ウスターソース 大さじ2
  • A砂糖      大さじ1
  • Aしょうゆ    大さじ1
  • A胡椒      適当、割と多め
  • ごはん      食べたいだけ
  • 葉っぱ      サミットで売ってたベビーリーフミックス1袋
  • ミニトマト    4つ
  • アボカド     1こ
  • バジル      6枚
  • チーズ      適量
  • ピザポテト    数枚
  • 卵        2つ

温泉卵のレシピはこちらを参考にしました。

cookpad.com

結果

f:id:riboribo:20170401151810j:plain

総評

びみょう、これはただひき肉乗せただけのごはんや

反省点

  • 温泉卵によってソースの辛さが相殺され、だいぶマイルドになってしまった。こんなのタコライスじゃない。元のレシピ通り、鷹の爪小口切り1本分を加えるか、より辛めのソースに転向が必要。
  • 葉っぱを乗せすぎて食べにくくなった。味付け的にも、タコライスの主役はひき肉であるはず。葉っぱはあくまで見た目を整えるためのものと心得よ。
  • 見た目的に、レタスをちぎるのではなくてベビーリーフにしたのは英断だと思う。
  • アボカドは味があっていた。よし。
  • バジルは香りが浮いていた。いらぬ。
  • ピザポテトはおいしかったけど、既製品に頼りすぎな気がして情けなくなった。クルトンにしてみてはどうだろうか。
  • 卵二つだけなので、12分待つ必要はなかったかも。次は10分にしよう。

次回に向けて

材料

  • 合いびき肉    150g
  • A鷹の爪小口切り 1本分
  • ケチャップ   大さじ3
  • ウスターソース 大さじ2
  • A砂糖      大さじ1
  • Aしょうゆ    大さじ1
  • A胡椒      適当、割と多め
  • ごはん      食べたいだけ
  • 葉っぱ      少々
  • ミニトマト    4つ
  • アボカド     1こ
  • チーズ      適量
  • クルトン     適量
  • 卵        2つ

※卵は、沸騰したお湯1Lに、水200mlとともに投入。そのまま10分間だけおいておく。

次回はこれで挑戦しようと思います。

つづく

尖沙咀~旺角 ぶらぶら街歩き<九龍公園、鴻星海鮮酒家、バードマーケット>

 香港一人旅、最後の日は午前の時間を目いっぱい使って尖沙咀周辺を街歩きしてきました。最終的には太子駅まで4駅分北上しました。足がパンパン!

九龍公園 ~見どころたくさん!自然と文化の集積所~

f:id:riboribo:20170228155638j:plain

重慶大厦からも尖沙咀駅からも歩いてすぐの、九龍公園から一日をスタートしました。何といってもこの公園、とにかく広いです。じっくり回ろうとしたら1時間では足りません。いくつかおすすめポイントを紹介します。

①鳥湖

読んで字のごとく、鳥がいる湖です。私が訪れた際にも、たくさんの鳥がいました。

f:id:riboribo:20170228155650j:plain

ひときわ目立ったのがこちらのクロエリハクチョウ。日本では見かけない鳥ですが、調べてみたところ、主に南米に生息しているらしい。どうして香港にいたのか不明。ガーガー鳴いてた。

f:id:riboribo:20170228155703j:plain

奥の方にはめちゃめちゃたくさんフラミンゴがいました。どうやら野生のようだったけど…どうしてこうアジアではふつう見かけないような鳥ばかりがいるんでしょう?不思議です。

②百鳥苑

f:id:riboribo:20170228155715j:plain

この、動物園にありそうな階段を上っていくと…

f:id:riboribo:20170228155738j:plain

動物園にありそうなバードパークがあります。カンムリバト、(たぶん)オオハシなど、それこそ動物園に行かなければ見られないような鳥を無料で観察することができます。

③中国庭園

f:id:riboribo:20170228155806j:plain

もうすこし北上すると、中華風の素敵な庭園があります。日向ぼっこする亀を眺めながら、東屋で一休みするのも一興です。

でも、ここの一番の見どころは、尖沙咀で暮らす人々そのもの。実はこの庭園をぐるっと取り囲むように屋根付きの廊下のようなものがあるのですが、そこで様々な人たちが朝活をしています。ムスリムの人々がコーランを読んでいたり、太極拳に勤しむ人々がいたり、胡弓を弾き、歌う人びとがいたり…様々な文化的背景をもつ人々が暮らす尖沙咀という街を、五感で感じることができます。

Google マップ

リクラメーション・ストリート ~不思議な果物だらけ!わくわく市場~

佐敦駅を通り過ぎ、ネイザン・ロードから5本ほど西の道に入ると…

f:id:riboribo:20170228155837j:plain

リクラメーション・ストリートの始まりです!野菜や果物を扱う屋台が所狭しと並んでいます。

f:id:riboribo:20170228155850j:plain

ドライフルーツ屋さん。いったい何の果物なんだろう。知らない果物がたくさんあるので、見ているだけでワクワクします。

f:id:riboribo:20170228155902j:plain

手前は龍眼(ロンガン)というフルーツ。茶色の皮をむくと、白く透き通った丸い果実が表れます。それを龍の眼に見立てたネーミングセンスに脱帽。ライチに似た味でおいしかった記憶があります。

f:id:riboribo:20170228155926j:plain

地元の方が野菜を買っていました。どんなご飯を作るのかな?

www.hongkongnavi.com

天后廟 ~香港にもいます!海の女神様~

上海街を北上していると、道沿いに突如として雰囲気の異なる建物が現れます。

f:id:riboribo:20170228155940j:plain

それがこちらの天后廟!天后は海や漁師を守る女神さまです。昨日、マカオでも天后を祭った廟を見て来たばかり。香港もマカオも、海をバックに栄えてきた都市なのだと痛感させられます。なんでも、既に200年前にはこの場所に天后を祭る廟が建てられていたのだとか。

www.hongkongnavi.com

鴻星海鮮酒家~可愛すぎ!飾り点心~

今回の香港滞在で一番おすすめしたいお店です。なんといっても、点心がかわいい

f:id:riboribo:20170304214328j:plain

こちら、マンゴークリームが入った蒸しパン。フグちゃん。ぷくぷくかわいい。

f:id:riboribo:20170304214542j:plain

こちらはココナッツパウダーの振りかけられたマシュマロ。うさぎちゃん。ふにふにかわいい。

と、飾り点心がとにかくかわいいフォトジェニックすぎます。こんなにかわいくて手が込んでいるのに、私はおなか一杯食べて100香港ドル行きませんでした。もちろん、小籠包など普通のメニューも数多くそろっています。

f:id:riboribo:20170304215041j:plain

内装もきれい!ショッピングビルに入っているので、ついでにお買い物も楽しめます。

www.tripadvisor.jp

バード・ガーデン ~小鳥の囀りに心癒される~

太子駅から、Prince Edward Road を東に進むと、バード・ガーデンなるスポットがあります。

f:id:riboribo:20170304215357j:plain

この階段を上ると…小鳥の楽園

f:id:riboribo:20170304215401j:plain

愛鳥家が集まる公園だそうで、たくさんの小鳥たちが並んでいます。特にメジロが多かった印象。小鳥のさえずりが絶えない公園になっていますっ!見た目にも鮮やかで、おすすめ観光スポットです。

www.hongkongnavi.com

そのあと、太子駅から空港までMTRで行き、帰国しました。香港、素敵な街でしたーっ!!

重慶大厦@尖沙咀周辺のオススメご飯どころ三選

重慶大厦宿泊時の記録です。決して綺麗な宿とは言えない分、お食事を楽しんじゃいましょうっ!

 ①糖朝 ~香港スイーツの火付け役~

重慶大厦から徒歩5分ほどと、アクセス良好。マンゴースイーツ、豆腐花、タピオカなど、60種類ものデザートに加え、点心や麺も用意されているのだとか!

とはいえ、さすが有名店だけあって、あらゆるガイドブックに掲載されており、日曜朝8時過ぎに行ったところ既に40分待ちの行列ができていました。開店時間にはお店に着いていたほうがよさそう。反省。

www.hongkongnavi.com

↓日本にも出店しているんですね。

t.rt-c.co.jp

②Catering Dim Sum ~お手軽お手頃飲茶、夜でもOK

・(基本は昼に嗜むものだけど)どうしても夜に飲茶したいっ!

・旅の拠点にしている尖沙咀で食事を済ませたいっ!

安く済ませたいっ!

こんなわがままに答えてくれるのが、Catering Dim Sum です。尖沙咀から歩いて5分ほど、夜でも人通りが多く、通りのショップの明かりが道を照らしているため、安心して向かえます。オーダーシート式で、しかも日本語メニューも用意されているため、迷わず注文することができます。

f:id:riboribo:20170304204036j:plain

熱々、ジューシーな小籠包をいただいてきましたっ!トリュフ乗せ小籠包なんて言う変わり種メニューもありました。

www.tripadvisor.jp

 

澳門茶餐廳 ~地元で人気のマカオ・レストラン~

こちらも尖沙咀駅から歩いてすぐ。地元住民で朝からにぎわう、人気のマカオ風レストランです。

f:id:riboribo:20170228155609j:plain

天井付近には、マカオの道路名を記した看板や、風景や人々の写真が飾られていて、マカオの雰囲気を感じることができます。マカオに行っていない人にこそおすすめです。

 

f:id:riboribo:20170304205032j:plain

私もマカオ風パンケーキをいただいてきました。サクサクのパンに、甘~いハチミツ風シロップがかけられています。落ち着いた風味のミルクティーとも相性抜群です。合わせて30~40香港ドルほどと、お手ごろな値段です。

www.hongkongnavi.com

 

尖沙咀では、ネイザン・ロードから一本、二本と奥の道にこそ、おいしそうなお店がたくさん並んでいる印象でした。ガイドブックに載っているお店のみならず、自分で歩いて新規開拓しても面白いかもしれません。