読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台北<台北101/九份/饒河街夜市>

台北を一日で観光した際の記録です。

台北101

台北駅から電車で一本、世貿駅で降りてすぐ、こちらの高い建物が目に入ります。

これが台北の観光名所、「台北101」です!

f:id:riboribo:20170228150519j:plain

高すぎて一番上まで見えない…。

f:id:riboribo:20170228150551j:plain

5階でチケットを買い、東アジア最速のエレベーターで展望台まで上がります。(学生証を見せると、少しだけチケットが安くなりました。)それほど重力はかかりませんが、耳がキーンとなります。

f:id:riboribo:20170228153931j:plain

展望台からの光景。手前の街と、奥に広がる山々のギャップがたまりません。この日は程よく曇っていたため、山のほうに雲がたなびき、さながら水墨画のような風景を楽しむことができました。天気が良ければ、階段でさらに上の屋外展望台へあがることも可能です。

 

f:id:riboribo:20170228150613j:plain

下りのエスカレーターに向かう途中にもサンゴや瑪瑙の作品が展示されており、あまりの精巧さに圧倒されること間違いありません。

f:id:riboribo:20170228150534j:plain

1階などの低層階にはお土産ショップがそろっています。(写真はおよそ25万円の燕の巣です、学生には手が出ません…。)

f:id:riboribo:20170228155551j:plain

お昼ご飯は、恵比寿等にも進出してい鼎泰豊の本店で、本場の小籠包をいただきました。熱々の小籠包、ぷりぷりの海老入り餃子をたんまりいただいて、一人1500円ほど!来てよかったー。

平日のお昼時に行ったら、15分ほど待たされたので、時間に余裕をもっていくのがおすすめです。

www.taipeinavi.com

九份

昼過ぎに映画「千と千尋の神隠し」のモデルになったとも言われている九份へと向かいました。台北の街から九份まで一時間少々のバス旅です。夕方に到着しました。

f:id:riboribo:20170228150643j:plain

まだ空が明るく、ランタンが灯っておらず、映画のような雰囲気は味わえません。両脇のお店を見ながらぶらぶら。

f:id:riboribo:20170228150659j:plain

表情豊かすぎるカオナシ

f:id:riboribo:20170228150627j:plain

昼の明るいうちに、商店街以外の路地をうろうろするのもおすすめ。釜爺が住んでそうな、年季の入った階段や細い道がいたるところで見つかります。坂道を上がって、目下に広がる海を一望するのも素敵です。

f:id:riboribo:20170228150352j:plain

そうこうしているうちに日が暮れて来たので、再び商店街の方へ。ランタンに火が灯り、まさしく千と千尋で見た光景が広がります。「湯婆婆の家(阿妹茶屋)」がある通りが一番フォトジェニックらしく、観光客であふれていました。その通りの「小上海茶館」というお店にて景色を堪能しつつ、一休み。

美しく、文句なしに一押しの観光スポットでした。

4travel.jp

饒河街夜市

最後はMRT松山駅のすぐそばにある饒河街夜市へ!アクセスがよく、観光客も多かったため、安心してローカルフードを食べることができました。

f:id:riboribo:20170228150441j:plain

台湾らしいお土産を買える屋台がたくさん。

f:id:riboribo:20170228150454j:plain

ローカルフードもたくさん。写真とは違うけれど、羊肉の串焼きが一番おいしかった!

f:id:riboribo:20170228150506j:plain

「鳥蛋蝦球」という謎の食べ物。たこ焼きのような丸井卵焼きの中に、ぷりぷりの海老が入っていました!中国でよく見かける「蛋」は「卵」という意味みたいです。しばらく「蚤」と勘違いして震えていました。「蛋白質」の「蛋」だったのか~。

日付が変わるころの終電まで、充実した夜を過ごせました。おデブになりました🐷

www.taipeinavi.com

テスト

ああああああああ

  • キャベツ
    • レタス
    • 白菜
      • 白玉団子

キャベツ

レタス

白菜

白玉団子

おいしいよね

riboribo.hatenablog.com

続きを読む