読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香港島観光<中環/銅鑼湾/香港大学>

香港島は観光スポットがいっぱい!トラムや電車など、交通の便も良いので、気軽に一日観光できます。備忘録がてら、先日の記録をあげておきます。

f:id:riboribo:20170228153105j:plain

深夜特急』にも登場したスター・フェリーで香港島まで出発ですっ!

 中環

ミッドレベルズ・エスカレーター

香港島側のフェリー乗り場で降り、街へ向かって、香港駅や中環駅を通り過ぎます。Queen's Road Central (皇后大道中)という大きい道路まで突き進み、海を背にして右側に進んでいくとあります。(皇后大道中まで出れば、看板があるので道に迷うことはないはずです。)

全長約800mの、世界最長(?)のエスカレーター。とはいっても、800mずっと続いているわけではなくて、長めのエスカレーターがいくつも連続して設置されているイメージです。一度乗っても途中で降りられるので、観光の足として利用するのも便利です。私はハリウッド・ロードまで乗っていきました。

f:id:riboribo:20170228153130j:plain

長~いエスカレーターの旅。どこから乗ってきたのか見えません…。

f:id:riboribo:20170228153142j:plain

エスカレーターに乗りながら、両脇の道沿いの景色を楽しめます。香港の工事現場では、鉄筋の代わりに竹を用いて足場などを組んでいます。なんとも絶妙なバランスで接地していて、日本に慣れた私はビクビクしていました。蹴ったら崩れちゃいそう。

ハリウッド・ロード

香港で最も古い通りがこちら、ハリウッド・ロード(骨董通り)です。この通りにある文武廟が、19世紀半ばから中国商人の会議の場となり、それを中心に栄えてきた様子。

f:id:riboribo:20170228153338j:plain

f:id:riboribo:20170228153349j:plain

骨董通り」の名の通り、アンティークショップが立ち並び、ふらふらと街歩きをしているだけで目を楽しませてくれます。

文武廟

ハリウッド・ロードのちょうど中間点に位置しています。学問の神様・文昌帝と、三国志関羽が祭られています。

f:id:riboribo:20170228153220j:plain

ハリウッド・ロードを歩いていると、突如として廟が出現します。

f:id:riboribo:20170228153326j:plain

中はこんな感じ。たくさんの地元の方がお祈りをしていました。ここは道教の廟で、日本によくある寺・神社とは内装も、お祈りの方法も、まったく異なります。長くて束になった線香をもって、廟内をぐるぐる回ってお祈りする人たち、天井を埋め尽くすような渦巻線香。異国情緒溢れる場所でした。

f:id:riboribo:20170228153301j:plain

日本ではあまり見かけない渦巻線香です。これが天井からたくさんつりさげられています。

キャット・ストリート

ハリウッド・ロードと並行する、一本海側の通りで、中古品のストリート・マーケットになっています。ハリウッド・ロードは大型の置物が多く、荘厳な雰囲気でしたが、こちらはお皿・人形・開運ストラップなど、サイズも値段もかわいい品物が主でした。中国らしいお土産がほしい人は、ここで買ってしまうのがおすすめです!

f:id:riboribo:20170228153402j:plain

中国雑貨屋さんが所狭しと並んでいます。

f:id:riboribo:20170228153414j:plain

色とりどりの中国雑貨。煌びやかです。そして安い。

f:id:riboribo:20170228153426j:plain

これは中国版チェス駒かな?一風変わった雑貨もたくさん見つかります。

 

f:id:riboribo:20170228153437j:plain

中環にお別れを告げ、トラムに乗って銅鑼湾へ。がたんごとん。

銅鑼湾

香港中央図書館

トラムを「ビクトリア・パーク」駅で降りると、「香港中央図書館」と称す、大きな建物が…。めちゃくちゃお手洗いに行きたかったので、とりあえず入ってみました。

ちょうどナントカ夫人(名前読めなかった)の個展初日だったようで、スタッフさんに案内されるまま、無料で作品を見せてもらえました。

f:id:riboribo:20170228153450j:plain

いかにも中国の水墨画、という感じの作品がたくさん。近くでじっくりと見てみると、双眼鏡を携えた人物が描かれていたり、建物に十字架がついていて教会だとわかったり。世界史の教科書に載っていそうな、古代中国風の画風の中に、現代の香港・中国が書き表されていて、その調和がとても興味深かったです。個展は期間限定のようでしたが、隣の部屋には常設展もあったので、ぜひぜひお立ち寄りください。

ヴィクトリア・パーク

銅鑼湾駅と天后駅の間に広がる、広い広い公園です。一面の芝生に横たわり癒されるつもりだったのですが、残念ながら工事中でそれは叶いませんでした。

f:id:riboribo:20170228153516j:plain

おそらく、3月10日~19日に開催されるHong Kong Flower Show 2017の準備をしていたみたい。かなり広い土地をイベントに利用するようで、時期がかぶっていたら何としても行きたかった。↓3月に行く人は必見ですっ!

Hong Kong Flower Show 2017

f:id:riboribo:20170228153529j:plain

工事がされていないところでは、豊かな自然を楽しむことができました。亀さんの置物がいい味を出していて、桃源郷に迷い込んだみたいです。

f:id:riboribo:20170228153545j:plain

ちょっと面白かったのが、「卵石路歩行徑 (Pebble Walking Trail)」。平べったい石が路面に突き出るように並べられていて、靴を脱いでその上を通ることで足の裏のつぼを刺激するという健康的な道です。「妊婦、体調不良の人は使うな」といった注意書きがあり、実際に人体に影響を及ぼすことが推察されます。物は試しで、靴下で歩いてみましたが…10歩でギブアップしました。足の裏がダイレクトに痛いです。地元のおじさんは五分ほどこの道を行ったり来たりしていましたが、かなりの強者だったようです。

f:id:riboribo:20170228153502j:plain

Anytime Cafeで一服して、電車で香港大学に向かいます。このカフェは英語も通じるし、明るい雰囲気で、ほっと一息つけました。

www.openrice.com

香港大学

時間が余ったので、電車で中環のほうへと戻り、中環を通り過ぎてさらに三駅。「香港大学」駅を降り、看板に従ってエレベーターを降りると、そこが大学構内です。広さ、綺麗さを兼備していて、特に中庭などお散歩するだけで心癒されます。

f:id:riboribo:20170228153600j:plain

外観。大きい大学ですねー。世界大学ランキング2016-2017では第27位らしい。ちなみに、東京大学は第34位です。すっごーい。

f:id:riboribo:20170228153612j:plain

当日はフリーマーケットが出展されていました。ムスリムサークルが無料でナツメヤシ(Date)を配布していたり、日本文化に興味のある学生たちがポケモンのようなグッズを売っていたり。

f:id:riboribo:20170228153624j:plain

中庭その1。

f:id:riboribo:20170228153710j:plain

中庭その2。大学なのか高級ホテルなのか分からなくなってくるくらい綺麗です。

 

f:id:riboribo:20170228153053j:plain

夜になったので、スター・フェリーに載って尖沙咀まで帰りました。やっぱり香港の夜景は綺麗でしたっ!!次は観覧車や、ヴィクトリア・ピークにも行ってみたいな。